ジャパンブランドが人気 大型商業施設「IONオーチャード」




7月21日に開業したばかりの大型商業施設「ION(アイオン)オーチャード」に行ってきた。
オーチャードストリートと言えば伊勢丹や高島屋も並ぶ、シンガポールの一大ショッピングエリアだ。IONは地下2階でオーチャード駅と直結していて、駅と一体になった空間を構成している。緩やかな曲線で構成された外観は、果実をコンセプトにデザインされたものだという。

駅からの入るとウェルカムゲートとなる空間の天井には、魚が泳ぐ映像が映し出されていた。食品フロアでは落ち着いた照明が使われるなど、全体的に照明計画に力を入れているように感じた。
また日本ブランドが多く出店していることに驚いた。日本食レストランはどこも長蛇の列だ。ユニクロのシンガポール第2号店も開店予定。(第1号店は4月9日、東部エリアの商業施設「タンパニーズ ワン」内にオープン)
シンガポールのカジュアルブランド「EDIT」がほどよくトレンドを押さえていて買いやすかった。

[参考情報]
シンガポール経済新聞
ION orchard

Singapore 238801



コメントは停止中です。

Ads by Sitemix