工業都市にできたキャンパスタウン。ドルトムント工科大学

ドルトムント工科大学
ドルトムント市は、人口約58万人を数えるドイツの主要な工業都市。今はサッカーチームで有名な都市でもある。

「鉄と石炭とビール」で知られる工業都市として栄えたドルトムントだが、エネルギー革命や産業構造の変化で炭鉱と製鉄業は衰退。就職できない若者が増えたため、そうした若者の受け入れ先としてこの大学は設立されたと聞いた。

ドルトムント工科大学のキャンパスへは、モノレールで移動するようになっている。この大学で客員教授を務めていた服部先生の研究室を訪ね、研究生のJanさんとFrankさんにドルトムント周辺地区の都市計画について話を聞いた。


ルール地方の転換戦略と将来構想(ハイライフ研究所)


44227 Dortmund, Germany



コメントは停止中です。

Ads by Sitemix