弘前のモノづくり ブナコ漆器製造




ブナコ漆器製造株式会社
東京ビックサイトで開催されるインテリア・ライフスタイル展で、その商品をみていたブナコ漆器。毎回ブナの木の風合いを活かした、丸みのあるフォルムが美しい数々のプロダクトを提案している。
このブナコのインテリアとしての可能性にいち早く着目したのは、建築家の武松幸治さんではないだろうか。「TORAYA CAFÉ(トラヤカフェ)」の店内では、ブナコのランプシェードを見ることができる。

黒石ほるぷ子ども館(菊竹清訓 建築設計事務所)
くろいし魅力百選にも選ばれている図書館。一件普通の平屋建ての図書館に見えるが、この図書館の魅力はその中にある。約1万冊の蔵書を揃えているだけでなく、こどもが伸び伸びと遊べる空間となっている。実際にたくさんの子ども達が柱に登ったり、屋根裏スペースに登って本を読んだりしていた。また中から見える外の景色も、この建物の魅力である。

弘前こぎん研究所
「こぎん」の普及と製作・販売などを行う研究所。「こぎん」とは弘前付近の農村で発達した刺しゅうのことで、「こぎん刺し」とも呼ばれる。独特の幾何学的な模様が特徴。
研究所の建物は、建築家ル・コルビジェの元で近代建築を学んだ建築家・前川國男氏が設計したもので見所の1つになっている。

青森県弘前市大字豊原1丁目5−4



コメントは停止中です。

Ads by Sitemix