羽田空港・新国際ターミナルに江戸・東京をイメージした商業ゾーン

羽田空港の国際線ターミナルビルが2010年10月21日にオープン、ここに東京の過去・現在・未来が体験できる商業ゾーンが新たに生まれた。
4階は江戸の街角をイメージさせる「江戸小路」(東京の過去)、5階は5階は「TOKYO POP TOWN」(東京の現在と未来)と名づけられ、コンパクトながら東京の今が感じられる質の高いショップが集積している。

「航空旅客だけでなく、一般の利用客も楽しめる施設づくり」という点では、話題性のあるスポットができたと思う。しかしメインターゲットと思われる海外ツーリストには、江戸・東京の観光につながる仕掛けや導火線が弱いように感じた。実際、羽田空港から都心につながる京急電鉄に乗ったが、車内のサインやアナウンスはまだまだ国際化に対応できていない印象だ。

世界のハブ空港では、空港をその国のゲートウェイ(入り口)と位置づけて世界顧客の目線で空港のあり方そのものをデザインしている。羽田空港にしても成田空港にしてもサービスを含めてデザインできることが、まだあるのではないだろうか。

[参考情報]
新国際線ターミナルオープン(日本空港ビルデング)
羽田空港国際線新ターミナルの「おもてなし」に注目(羽田経済新聞)

羽田空港国際線ターミナル駅(東京)



コメントは停止中です。

Ads by Sitemix